今日は家でこんなことやってみた

一日一投稿を目標に、最近始めた料理をメインに公開中。

01/14 イーストつかって豆乳パン

f:id:sakuramochi_neysan:20170115173829j:plain (豆乳パン)

f:id:sakuramochi_neysan:20170115173604j:plain (二度目のベーグル)

f:id:sakuramochi_neysan:20170115173626j:plain (ベーグル+セロリ+みかん・写真右端)

こちらで購入できる生イーストは、賞味期限までだいたい2週間、量は40g強。

同じパンをつくるとき、生イーストでは、ドライイーストの三倍の量を必要とされている。

ひとりで一度につくれる量は限られているので、

6gの生イーストを一回につかえるとして、7回くらいパンを焼かないと

イーストを余らせてしまう計算になる。

ということで、イーストをつかうレシピを絶賛強化中なので、

1)今日はランチに豆乳パンをつくってみました。

cookpad.com

ふわふわで、ほんのり甘い。ひとりで4つぺろり。

エメンタールとベーコンを差し込んでみました。

2)それから、友だちにあげようかと思って、

一昨日のベーグルをもう一度。

otsukimi-dango.hateblo.jp

はかりがあるから、パン作りがはかどります。

<メモ1>
- 卵30gを使用 → 強力粉たぶん275gでつくった
→ 想定のレシピより、やや大きくなったと思われる

  • エメンタールとベーコンを追加
  • 予備発酵で、イーストの活動を確認
  • 手順2で大きくふくらんだように見えなかった →パンの発酵が進む間、どれくらいこねる時間をとってもいいのか疑問

  • 一次発酵後のフィンガーテストは、失念していた

  • ベンチタイムは、こねたパンをやすませることで、強くなった弾力性を落ち着かせて成型しやすくすること
    → 前回のベーグルづくりで、成型時に生地を引っ張ってもすぐに元の形に戻ってしまったのは、ベンチタイム不足だったか
    → ベンチタイムで、まるくしておく理由はあるのだろうか

  • 手順3では、二次発酵の際、1時間程度場を離れ、一部ラップをかけ、一部はかけず放置していた →かけなかった方は少し乾燥していた

  • クープは、オリーブオイルを塗ったつまようじで入れた →最後の二つはうまく割れず。ほかは具入りなので、機能したかは判断不能

<メモ2>
- 予備発酵で、イーストの活動を確認
→前回は確実に高すぎたので、死んでたと思う

  • 手順1を予備発酵として、10分程度おくと、完全に水がにごって気泡を確認できた
  • 手順10では、表面を濡らしてから、ラップをかぶせた
  • 成型は、前回よりも扱いやすく、伸びが良かった
  • 成型は、手順16では、深めに端と端を重ねるようにした
    →部分的に輪が細くなることを防ぐ

  • 手順17では、指示のとおりにした

  • 手順17で、成型を続けていると、あとで成型したものは表面がべたっとしていて、伸ばすときに手にくっついた
  • 手順18で、30分後にひとまわり大きくなったことはあまり感じられなかった
  • 手順19で、湯からあげたときにはかなり大きくなったのがわかった
  • 手順19で、大きくなるからと湯に入れすぎると、確かに表面がぼこぼこになった
  • 手順19で、前回は軽めの沸騰状態で入れたところ、すぐに浮いてこなかったが、今回はまったく沈まなかった →発酵したことで、空気が含まれたので、ちゃんと浮くようになったのだろうか
Remove all ads