Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

今日は家でこんなことやってみた

一日一投稿を目標に、最近始めた料理をメインに公開中。

01/20 (本)もし普通の女の子が催眠術をつかうようになったら?

最寄りの図書館は、あまり英語の本を置いていないけど、

現地の高校生くらいが読むような小説を置いている。

読むのに時間はかかるし、知らない単語もあるけれど、

それ用の本棚はたったひとつ。

厳選されているからこそ、

ある程度のおもしろさは確保されているんじゃないかと思って、

わりと意欲的に読みたいなと思っています。

そこで、いま読んでいる本はこちら。

www.amazon.com

裏のあらすじを読んでも、タイトルのhypnotismの意味がわからなかったんだけど、

答えは「催眠術」。

表紙が不思議な雰囲気で、女の子の好きな明るいポップな内容ではないとは察しがついたけど、

なかなか先の読めないストーリーです。

もしかして自分もなんらかの術がかかっているかも?と空想したくもなる。

料理好きになるように、とか。

<あらすじ>

孤児院のごく普通の女の子モリーが、あることをきっかけに、催眠術の本を手にいれます。

いままでは施設で辛い目にあうことが多かったモリーの生活は、

催眠術を習得したことで、少しずつ彼女の思い通りのものに変わっていきます。

しかし、モリーの大切な友人が、施設から新しい家族の元へ受け入れられたことをきっかけに、

催眠術を使いながら友人のあとを追って

イギリスのちいさな町からアメリカ・ニューヨークへ拠点を移します。

そこでも催眠術をつかって思い通りの生活を実現していくモリーですが、

モリーの能力を知っているのは、彼女だけではありませんでした。(つづく)

Remove all ads