Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

今日は家でこんなことやってみた

一日一投稿を目標に、最近始めた料理をメインに公開中。

01/26 ワークショップは終焉へ向かう

雪の彫刻のワークショップで、一番体力をつかうのは、

彫刻をするためのベースの雪を

型に入れて、固めるまでの工程。

つまり、

1)4枚の板をもってきて、それをロの字型にして、地面に垂直に立て、バンドで結束し、

2)地面が不安定なら、木の棒を板の下にくぐらせ、

3)そのなかにシャベルをつかって、雪をいれていき、

4)途中から、その箱のなかにはいって、雪を踏み固めるために足踏みする。

5)3と4を繰り返す、肉体労働を続けたのち、

6)しっかり足場の雪がかたまったら、型を外す

7)1に戻って、少しずつ雪のブロックを拡張していく

このくりかえし。

だから、作業開始後一日目が一番しんどかったかなぁ。

二日目も土台をつくる作業はあったけど、

いざ削り始める工程に入れば、カキ氷のようにさらさらと削れていくので

案外体力的には簡単に作業できる。

最初はちゃんと時間内に完成させられるかわからなかったけど、

明日の作業時間を待たずにおおかた完成することができた。

建築とは違ってカーブは自由だし、ある程度構造上の柔軟性もある。

きちきちと寸法を測るよりも、写真とスケッチを重ねたり、現場で調整したり、

絵の上だけで考えるのではなく、たくさんのことが学べました。

Remove all ads